読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜブログを書くのか

ブログを始めるにあたって「なぜ文章をブログに書くのか?」「そもそもなぜ文章を書くのか?」という二つの問いに答えたい。
 
1.「なぜ文章をブログに書くのか?」
思考というのは自分の脳の中にあるだけのうちは基本的にとりとめのないもので、説明的な形で外部に出力すると洗練され、またそうして初めて論理的な考えとして形が整う。
さらに、分かっているつもりの内容でもいざ説明してみようとすると理解が足りずにうまくできなかったりする。
そういった時にここで誰かに説明するように書けばそのような内容についてより理解が深められると考える。
つまり、ブログで誰かに読まれることを前提として書けば、誰に読まれなくとも論自体や私の理解にとって有益なことが起こる。
これが一つ目の問いへの答えである。
 
2.「そもそもなぜ文章を書くのか?」
やや込み入った話になるが、ミームの観点から考えたい。
あるミームが宿主に対してそのミーム自身を伝達したいと思わせることに成功したなら、そのミームは他のものより多く伝達される機会を得て、ミームプール内での数を増やす。
このような生存戦略を持つミームは実際に存在し、繁栄していると考えられる。
例えば素晴らしい音楽を聴いた時その音楽を誰かに教えたいと思ったり、面白い小説を読んだ時その本を誰かに勧めたいと思う時があるだろう。
それはその音楽や小説というミーム(もしくはそれ含まれるミーム)が、それを聴いたり読んだりして伝えられた人に、それをまた他の誰かに伝えたいと思わせるからだ。
このブログに文章を書くのも、私の頭の中にあるミームが「私をどこかに書くか、話すかして誰かに伝えろ」と囁いてくるからである。
やや過激な文に要約すると「私は、この文章を、この文章に操られて書く」ということになる。
つまり、ミームに書きたいと思わされているから書くというのが二つ目の問いへの答えである。
ミームについてはまだまだ不勉強なので間違っている点があれば是非ご指摘いただきたい。